情報提供はこちらから

ネットが少年法を変える?被害者は実名報道の現実

ネットが少年法を変える?被害者は実名報道の現実

今回愛知県の弥富市にある

中学校で生徒同士のトラブルが原因で

中学3年生の伊藤柚輝くんが

殺害されました。

今回の事件は中学生同士の事件により

加害者の男子生徒は

少年法により

報道されておりません。

ここまでは問題ございませんが

なぜ被害者男性である

伊藤柚輝君の実名報道が

される必要があるのでしょうか?

少年法はなんのために

誰を守るために

あるのでしょうか?

報道の自由とよく耳にしますが

被害者を実名報道し

加害者を報道しないことが

本当に報道の自由なのでしょうか?

今回は

愛知県の弥富市にある

中学校で生徒同士のトラブルが原因で

中学3年生の男子生徒が

殺害された事件について

調べていきたいと思います。

被害者を実名報道する日本の報道

Advertisement

愛知・弥富市の中学校で、3年生の男子生徒が刺され死亡した事件で、逮捕された男子生徒が犯行直前に、被害生徒を廊下に呼び出していたことがわかった。

警察などによると、24日午前8時すぎ、弥富市内の中学校の2階の廊下で、3年生の伊藤柚輝さん(14)が包丁で刺され死亡し、警察は、同じ学年で14歳の男子生徒を殺人未遂で現行犯逮捕した。

捜査関係者によると、中学校では、別のクラスに生徒は入れないルールがあり、逮捕された男子生徒は、直前に伊藤さんを廊下に呼び出して犯行に及んだとみられることがわかった。

一方、事件のあった中学校では、24日夜、緊急の保護者会が開かれ、参加した保護者などによると、事件の経緯のほか、生徒らのメンタルケアのために、スクールカウンセラーを増員することなどが伝えられたという 。

出典:FNNプライムオンライン

今回の事件で大きな話題となっているのが

大手TV局や報道が

被害者の名前を惜しみもなく

実名報道し

加害者の男性は

少年法から

一切の情報を報道しない点です。

少年犯罪になると

いつもこの問題が

出てきますが

今回の事件は

あまりにもひどいです。

事件発生から

1日も経たないうちに

被害者の実名報道がされ

大手報道各局が

我先にと

報道しております。

ネットでは犯人の特定が進む

Advertisement

あえて出しますが

伊藤柚輝さんが殺害された

今回の弥富市の中3殺害事件で

大きな悲しみが日本中に広がっております。

伊藤柚輝さんの

ご冥福をお祈りいたします。

また大手報道では

少年法が適応され

加害者の男子生徒の情報が

一切報道されておりませんが

昨今ではネットの特定班なる人物が

犯人の情報を特定sております。

今回の事件も例外ではなく

伊藤柚輝さんを殺傷した

犯人男子生徒が

特定されつつあります。

これまでは一切の情報がなかった

少年犯罪ですが

今後SNSの普及により

これまで報道されなかった

事実が明らかになるんでしょうか?

ツイッターの反応

Advertisement

Advertisement

Advertisement

Advertisement

事件カテゴリの最新記事